卓球っていつ見ても難しそう

卓球っていつ見ても難しそうだなと思うし、失礼ですが楽しそうでもないですね。
兄も実力派、最近は妹も注目されている兄弟がいますよね。
小学校4年生で高校生を破るってニュースをテレビで見ました。
朝も見たけど夕方も見ました。
この負けてしまった高校生の女の子が気の毒だなと思うくらい流れているのは酷ですよ。
体力が関係ないとは言いませんけど、テニスとか走り回るような体力勝負のものではないから年齢はあまりハンデにならないと思います。
体力よりも頭脳戦な競技という印象です。
将棋のような頭脳を使うものは実際に痩せることもあるようだし精神の消耗もかなりあるとのこと。
そちらも年齢は関係ないしむしろ若い方が強いこともあるような?

日常のちょっとした愚痴

アウトバスのトリートメントを髪の毛に使用すると、ぜんぜん違います。
こんなにつるつるになるのであれば、ずっと使いたいけれど値段が高くてコストパフォーマンスが悪い。
だから普通のリンスとかトリートメントを使いつつ、何か特別な日の前だけにするのが良いかなと思います。
でもだんだん面倒になって普通にリンスのみを使用していると、髪の毛が痛んでくるんですよね。
なにもかもお金のことなんが気にせずに、良いと思うものだけを使うような生活がしてみたいものです。
お肌関係のものだって良いものはやはり高いけどそれもそのはずで仕方がありません。
まあ、本当はこんな小さなことなんてどうでもいいんですよね。
日常のちょっとした愚痴です。

『デビアスなメイドたち』

海外ドラマの『デビアスなメイドたち』を見ました。
ラテン系のメイドのひとたちが主人公なんですけど、見分けがつかないとは言わないけど名前と顔を一致させるのが大変です。
日本人ならともかく、やっぱり海外の人を見分けるのは簡単じゃないなと思いました。
そしてシーズンの途中から見てしまったから余計に人間関係がいまいちわからないんですよ。
どの女性も押しが強くて男性は大変だなぁなんて思っちゃいましたね。
あんなにうるさいのが家にいたら一緒に生活するのもうんざりしちゃうような・・・。
でも日本と違って海外の人は離婚歴があるからってその人の価値が下がるわけじゃないしっていうのがあって羨ましいですね。
むしろ離婚していない方が珍しいみたいですね。(笑)

品格や品性があるか

40歳すぎて結婚して一児の母なのに自分の母親のことを「うちのババアが」って言っているシーンを見てびっくりしました。
自分自身に品格や品性があるかすぐに断言できないレベルの人間ですけど、その言い方は下品としか思えませんでした。
それと同時にそういう人でもパートナーがいて子供を授かる幸運にめぐまれている人だっているわけです。
人間の性質がどうであれそれは素晴らしい才能であるしうらやましいこことでもあります。
ただ、テレビ番組という誰が見ているかわからないメディアに出る以上は必要最低限のTPOはわきまえて欲しいし、周りの人もちょっと注意するべきじゃないですか?
品がないと思う人以外にあの言い方は悪いことではないと子供が思ってしまうのも嫌ですね。

貝類にお酢を入れると酸で溶ける

ちょっと前までは人間の体温くらいに気温があがっていたのに、すっかり秋の陽気になってきましたね。
そんなときにおこるのが秋バテです。
秋の入り口で自律神経がみだれるのが秋バテなんですって。
そこで注目されているのがお酢です。
お酢に含まれるアミノ酸が疲労物質の乳酸を対外へ出してくれる働きがある。
欠点がない最強食材なんですね。
沸点118度煮立たせても成分が飛ばないと聞いて、お酢を入れるときは最後にするべきだと思っていた自分の常識が覆りました。
納豆の酵素は熱に弱く70度で死滅するなどなど。
少量で健康効果あり。
しじみの味噌汁、貝類にお酢を入れると酸で溶けるので良いって聞きましたがそれは貝類の汚れまで落ちるんじゃないだろうかとちょっと思いました。

似た小説が気になります

高視聴率で人気のドクターX。
私は理由もなくなんとなくですが見たことがありません。
同じ主演女優さんが新しくはじめるドラマはリーガルV。
弁護士資格をなくした女性のドラマですが、なんか似たような話しを読んだことがあるような・・・。
今はまだHPがないのに原作があるものか不明です。
私が読んだ本を探したいのですが、図書館で借りたので全く覚えていません。
タイトルもわからないし、作者も不明。
こんなときに、どうして図書館のHPって借りた履歴をみることが出来ないのかと疑問に思います。
前から古いシステムのHPだなとは思っていました。
とりあえず思い出せるのは赤いハードカバーで、もしかすると女性の名前が違うかも?ということだけなのでモヤモヤします。

性別変更選手

性別変更選手が東京五輪で出場可能になるかもしれない?という話題。
不公平批判もありますね。
心の性別と体の性別が違っている方に対してのケアは必要です。
でも、体の身体能力が男性と女性と違うのは仕方がないことだし事実です。
心は女性だからと男性の体を持つ人が女性に交じっていたら、批判はさけられません。
その人の努力の結果なのに、それすら否定されてしまうでしょう。
いっそのこと、性別フリー競技をつくるしかないのでは?
男女入り混じって競えば全員が納得しているわけですからね。
何もせずに批判するだけではなにもはじまりませんよね。
批判だけではなく対応策を出して、少しでも良い方向に進むように努力をするべきだと思います。

水道管が老朽化

水道管が老朽化している、なんて言われても「じゃあ、新しくしよう!」と簡単に出来るものでもありません。
高度成長期で出来上がったもので集中的に作ったので交換機間も集中している。
道路もそんなことを言っていましたが、地中にある水道管の方おが大変ですね。
地震による破損の大きいな原因になるのが管の継ぎ目。
特殊なゴムで伸縮や屈折への柔軟性があるつなぎ目にするという工夫
1キロ1億円もかかる工事費用はどこから捻出すればいいのか。
問題ばかりですけど、壊れてから「早く復旧してよ!なおしてよ!」で困るのは住民です。
水道料金の値上げなどは仕方がありませんよね。
水道や電気がない生活が大変なことはわかります。
そのための予防が必要です!

大股を開いている男性

「足を開いた幅じゃない
座席は、おしりの幅ですよ。」
こんな注意書きを見て、あてはまる人は恥ずかしいと思わないんですかね。
電車やバスなどで大股を開いている男性陣ですよ!
そうやってすわることこそが男!と思っている低レベルなおじさんが多いみたいですね。
まわりの人のことを考えないというのがどんなに非常識なことか。
隣にいる人には触れてしまうし、前に立っている人にも邪魔です。
これだから電車とかって嫌いなんですよ。
混んでいるときには人との密着が気になりますしね。
これから暑くなるので余計に不快指数ががありますよね。
どんなことでもトラブルはよくありません。
勝手な行いはするべきじゃないですよ。
もっといろんなところに上記の注意書きがあれば該当者も目にするかもしれませんね。

思っていた以上に三流以下

ドラマ『執事西園寺の名推理』を見ました。
好きな俳優でもある川上さんが執事のうえに事件を解決ときたら見るしかない!
というわけで1話を見ました。
出演者を見てヤバい感じはしていました。
思っていた以上に三流以下な内容でしたね。
出てくるものすべてに事件の鍵がある、どっかで見た方法ばかり。
まあ、1時間ドラマだから仕方がないのかもしれませんね。
でも本当に残念な出来上がりだったので、文句を垂れ流さないように1話を見るだけで止めておきますね。
とある大御所女優様。
もう一人の同じような立場の人よりも、年代にあう白髪だしそこは良いと思っていました。
しかし見ていて疲れるのは困りますね。
惜しいとは言えず、ちょっと視聴をつづけるのはきついです。