防水スプレーに注意

一歩間違えば爆発騒ぎも起こすことがあり得るスプレー缶。
身近にあるけど気を付けなければならないものですね。
梅雨の季節の前に防水スプレーを下駄箱えで靴にかけていた女性の話しです。
咳が出てきて起き上がると呼吸が出来なくなり、病院で画像を撮ったところ肺の3分の2が真っ白になっていたそうでうす。
撥水性の樹脂を吸い込むと肺に付着して酸素がうまく吸えません。
白血球が肺の中に入ってきて肺が硬くなってしまい、最悪のケースでは亡くなってしまうことがあります。
靴や革製品に用途が拡大して事故件数が多くなっています。
傘にスプレーをするとよいと聞いたことがありましたが、必ず風通しの良いところで風向きに気をつけてしなければならなかったんですね。